読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

46歳の私が親からお金を借りたとき

長年乗っていた車が急に乗れなくなってしまいました。幸い従兄弟が整備士をしており中古を探してくれることになりました。予算は30万円車検付4WD
程度のよい車を予算内で探すのに時間がかかりました。
探してもらってる間に30万円をなんとか用意しておこうと思ったのですが、娘息子の進学のため仕送りが多くて貯金もなくどう頑張っても一万円も捻出できずに困っていました。頼りたくなかった夫の父親に借りようとおもいました。義父は一人暮らしで年金生活ですが貯金が1000万円ある人なので30万円くらいなら貸してくれる、と思ったのです。もちろん返済の約束もするつもりでした。主人と頭を下げてお金を借りに行った時、事前に連絡してあったのでお金は用意してくれていました。しかしキツイ言葉を投げられました。お前たちには金をかけすぎている、やるんじゃないぞ貸すんだぞ!
と怒られました。この年齢で貯金がゼロの私たちは怒られても仕方ないのでしょうが主人も私も子供の仕送りのため休みを惜しんで働いており、しかも義父にお金を借りるのは初めてのことです。それでこのキツイ言葉に唖然としました。貸したくないなら最初から言えばいいのに、と思いました。しかし実際自分達は困ってたので何も言い返さず頭を下げてお金を借りてきました。もう今は一日も早くお金を返しこのモヤモヤを終わらせたいと思っています。そして二度と義父からお金を借りることのないようにしたいです。それくらいなら利子が高くても違う貸し付け先を探そうと思います。

あってもあっても足りないお金。物欲。

人間は欲深い生き物です。
いくら幸せでも、お金があっても全く足りず、どんどん欲が出てくるものです。
働いて得た給料があっても、働いて得たストレスのおかげでどんどん買い物をしたい欲も湧き出て溢れてきます。欲しい物を買った時の気分は最高で、買うことよりもお金を払うこと、カードを切ることが快感になっているのかと思うほどです。これではいくらお金がらあっても足りず、あちこちで借りてしまうのが現状です。お金がないわけではないしすぐ返せると思うとどんどん手が出てしまいます。
まるで魔法のように、どんどん溢れ出るお金を次々に使っていくのは快感です。欲しかったバッグ、洋服、ハイヒール、ジュエリーを買い漁り帰宅して床にひろげて眺める。幸せな瞬間です。また仕事を頑張るという意欲が湧き上がってきます。こういった楽しみ、自分へのご褒美がなければやってられないのです。
また職場でも流行に敏感な女性でいるために常に新しいアイテムをファッションに取り入れなければなりません。
世の流行は常に入れ替わり、手に取ったものはすぐに古くなります。どんどん新しいアイテムを揃えるためにはお金がいくらあっても足りずにお金を借りてプライドと女の価値を守るのです。

キャッシングの賢い使い方を考える

キャッシングというと、未経験な人にとっては何やら得体の知らないもので、利息とか付いたりしたら大変ですし怖いようなイメージがあるかもしれません。
実は、使い方次第ではとても堅実で合理的ともいえるものなのです。
人にお金を借りるという人は、それが癖になっていることが多いのではないでしょうか。
そして、そのほとんどの人は、すぐ返すから大丈夫、自分に限って借りたことを忘れるなんてだらしないことはしないと思っているのではないでしょうか。
しかしながら、前もって自分がどの程度お金を使うのか、ちゃんと準備が成されていないということは、お金の管理ができていないという証です。
借り癖の付いている人は、お金にルーズな傾向があることに変わりありません。
世の中には、たった10円でも、人とお金の貸し借りを決してやらないという人が稀にいます。
きっと、親御さんからそのような教育をしっかりと受けられているのでしょう。
人との付き合いの中で、その教えを貫き通すことは大変なことだと思います。
相手に、頭ががちがちな印象を与えかねないからです。
しかし、そうすることで、金銭問題で人間関係を悪くすることをはじめから避けることができます。
はじめからルーズな人と関係を持たないためにも、そして自分を守るためにも利口な手立てだと言えるでしょう。
人にお金を借りる癖が付いている人は、人間関係も見直してみるといいと思います。
つまらないことで、友達を亡くしてはいないでしょうか。
返せる当てがあるのならば、キャッシングなどを利用した方がよっぽどいいのではないでしょうか。
何よりも、友達に手間取らせることが無くなるわけですから。
キャッシングは、賢く使えば大変便利なものとなり得るでしょう。

「キャッシング」についての私なりの意見

「キャッシング」についての私なりの意見を述べたいと思いますが、その前に「キャッシング」とは何なのかという事について調べてみました。

「キャッシング」とは、クレジットカードやキャッシングカードを利用して、消費者金融の窓口やATMなどからお金を借りる事ができるサービスの事をいいます。ただし、契約前に審査があり、審査を通過しないとお金を借りる事ができません。

私は就職活動をしているもののアルバイトにも就けていなくて、貯金が少なくなっていきますが、在宅の仕事をしています。もし仮にアルバイトに就ければ、「お金の回収の見込み」があるので、その場合は「キャッシング」は利用できる可能性はあります。例えば、在宅の仕事でも月に10万円稼ぐ事ができれば、「キャッシング」は利用できる可能性はあります。とにかく後に「お金の回収の見込み」があるなら「キャッシング」は利用できる可能性はあります。

ここで一番の問題になってくるのが「お金の回収」の問題なのです。在宅の仕事だとタスクの仕事をたくさんこなすと月に5000円の稼ぎのペースですが、これでは生活費はまかないきれません。在宅の仕事で月に10万円稼ぐ事ができれば、「お金の回収」の問題は解消されます。

お金に困ってキャッシングを利用する時は、大手キャッシング会社で審査することがおすすめ。

私は困った時にプロミスで審査をお願いすると決めています。

プロミスは大手キャッシングサービスなので、審査もきちんとしていて安心です。

プロミスの審査は不安?

キャッシングが人生の転機に!

僕はキャッシングに助けられた。

舞台俳優を目指して、劇団に入ったんだけど
生活が苦しくて、稽古が終わった後はいつも朝まで居酒屋でアルバイト。
今日も稽古うまくいかなかったから、自主練習したいのに
なんで俺はカラアゲあげてんだろ?
あー舞台に集中したいのにーと思いつつ、アルバイトを終えて
朝をむかえて、いつもの帰り道を帰っていると
いつもは気にならなかった、キャッシングの看板を見て
ふと思ったんだ。

そうだ、お金で時間を買おう!

僕は、その舞台に人生懸けるぐらいの意気込みでのぞんでいたから
どうしても、もっともっとたくさん稽古してうまくなって
いいもの作りたかった。

だから僕は、キャッシングすることで、
生活費を工面して
アルバイトをがっつり休んで
舞台に全力投球した。

誰にでも時間は同じだけ流れているっていう人いるけど
その時の僕はそうじゃなく感じていた。
だって、ちょー覚悟して、僕は時間を買って、時間をつくって
稽古しているんだから、
絶対、他のヤツより濃い時間を過ごしている自信があったし
周りに負けないぞって気持ちが強くなった。

結果俺は、周りの予想をはるかに超えて、
演出家にも認められ、異例の主役に抜擢され
本番の舞台でも、大活躍して、舞台も成功を収めた

今の自分があるのは、あの時、覚悟して
キャッシングして、時間つくって
濃い時間を過ごせたからだって、今でも思う。

あの時が、僕の人生の転機。勇気出してよかった!

キャッシングは借りては返済してが続いてます

共働きで働いているのですが、主人の転職にともない、転職先での給与が今までもらっていた給与よりも、5万円少なく、ボーナスも正社員なのに寸志程度で、住宅ローンもあり、子供も中学生の子と幼稚園の子がいます。

支払いは待ってくれないので、融資をお願いすることにしたのですが、月々の生活が苦しい状態なので、その都度必要のお金だけ借りていますが、返済するお金の方が少なく、借りるお金が増えるので、お金を借りるたびに、罪悪感との戦いで、借りた分の返済がまた増え正直ため息がでます。

借りては返しと自転車創業なことになってしまいます。一度借りたら、借金は増えるとわかってはいますが、生活をしていく為に仕方なく借りています。今のままだといけないと思い、私も正社員で勤務しているのですが、けして高い給与ではないので、転職先を探している最中です。

でもなかなかここだと思うような所が無く、今よりも給与が高い仕事もほとんどありません。お金を借りるのは、本当に苦痛で、自分でなんとかしないといけないと思うのですが、子供もまだ小さいので、身動きが取れない状態です。

即日、お金を借りれて短期間で返済が可能。

キャッシングでは、即日、お金を借りる事が出来、返済したいときには、短期間や長期間で選択して、返済することが出来るので返済の目途が立っていると、キャッシングは役立ちます。
又、利息が、日割り計算で出来て、返済の期日を決めて支払えば、利息も控えめにして、支払が出来る。


キャッシングには、休日が無いので、持ち合わせの現金が不足したりした場合でも支払をスムーズに出来る。
サイン一つで決済が出来たり、コンビに等でのキャッシングも出来て、急な出費などにも、対応が出来てとても便利だと思います。


それと、海外でもキャッシングが出来て、強盗や盗難などの危険な思いをせず、隠しポケット等に入れておいて、いつでも利用が出来る。