読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

46歳の私が親からお金を借りたとき

長年乗っていた車が急に乗れなくなってしまいました。幸い従兄弟が整備士をしており中古を探してくれることになりました。予算は30万円車検付4WD
程度のよい車を予算内で探すのに時間がかかりました。
探してもらってる間に30万円をなんとか用意しておこうと思ったのですが、娘息子の進学のため仕送りが多くて貯金もなくどう頑張っても一万円も捻出できずに困っていました。頼りたくなかった夫の父親に借りようとおもいました。義父は一人暮らしで年金生活ですが貯金が1000万円ある人なので30万円くらいなら貸してくれる、と思ったのです。もちろん返済の約束もするつもりでした。主人と頭を下げてお金を借りに行った時、事前に連絡してあったのでお金は用意してくれていました。しかしキツイ言葉を投げられました。お前たちには金をかけすぎている、やるんじゃないぞ貸すんだぞ!
と怒られました。この年齢で貯金がゼロの私たちは怒られても仕方ないのでしょうが主人も私も子供の仕送りのため休みを惜しんで働いており、しかも義父にお金を借りるのは初めてのことです。それでこのキツイ言葉に唖然としました。貸したくないなら最初から言えばいいのに、と思いました。しかし実際自分達は困ってたので何も言い返さず頭を下げてお金を借りてきました。もう今は一日も早くお金を返しこのモヤモヤを終わらせたいと思っています。そして二度と義父からお金を借りることのないようにしたいです。それくらいなら利子が高くても違う貸し付け先を探そうと思います。